×

クリックして
目次を表示

メニューUCK-G2-PLUS クイックスタートガイド

パッケージの内容

UniFi Cloud Key Gen2 Plus

システム要件

Web ブラウザ:Google Chrome(他のブラウザでは機能が制限される場合があります。)

ハードウェアの概要

HDD ベイ

2.5 インチ SATA ドライブ用のリムーバブルハードドライブトレイ。

LCD 画面

デバイスステータス表示。有効なコントローラのステータス画面が自動的に回転します。

UniFi Network ディスプレイ

UniFi Protect ディスプレイ

UniFi Network 用 LCD ディスプレイ

アイコン

説明

UniFi Network Controller 名

現在の WAN 帯域幅の使用状況

Network クラウドアクセスのステータス

マネージド UniFi アクセスポイントの数

ネットワーク上のクライアントデバイスの数

UniFi Protect 用 LCD ディスプレイ

アイコン

説明

UniFi Protect Controller 名と帯域幅

カメラの録画ビットレートの合計

Protect クラウドアクセスのステータス

UniFi Protect に登録されているアクティブカメラの数

UniFi Protect によって最後の動作が検出された時刻

電源ボタン

押して Cloud Key Gen2 Plus のオン/オフを切り替えます。

リセット

Reset(リセット)]ボタンには、次の 2 つの機能があります。

  • 再起動 Reset(リセット)]ボタンを押してすぐ放します。
  • 工場出荷時のデフォルトを復元 ステータス LED が白色の点滅を開始するまで、[Reset(リセット)]ボタンを 5 秒以上長押しします。

microSD スロット

外部バックアップに使用するオプションのスロット(microSD カードは含まれません)。

USB Type C ポート

将来の利用のために予約されています。

USB Type C 電源ポート

PoE が使用できない場合の電源に使用されます。Quick Charge 2.0 または Quick Charge 3.0 準拠の USB 電源アダプタが必要です。

イーサネットポート

LAN のギガビットスイッチポートに接続します。電力は、UniFi PoE Switch などの 802.3af PoE スイッチで供給できます。

LED

デバイスの設定準備が完了

白で点滅

デバイスは起動中

デバイスは初期化中/初期化解除中

白でゆっくりと点滅

ファームウェア更新中

デバイスが設定および準備完了

青で点滅

主電源が失われ、デバイスはカウントダウン状態である。

電源が 10 秒以内に復旧すると、デバイスは以前の状態に戻ります。電源が 10 秒以内に復旧しない場合、デバイスは安全にシャットダウンされます。

青でゆっくり点滅

クライアントが Bluetooth(BLE)経由でデバイスに接続

白/青交互

デバイスは復旧モード。

LED は、1 秒間隔でオフ、白、青のパターンを繰り返します。

セキュリティスロット

Kensington セキュリティロック(別売)で Cloud Key Gen2 Plus を使用できるようにします。使用する場合、デバイスの使用中に HDD を取り外すこともできません。

ラックマウントノッチ

Cloud Key Gen2 Plus をオプションのラックマウントアクセサリ(モデル CKG2-RM、別売)のドッキングベイに固定します。ラックマウントアクセサリを使用すると、Cloud Key Gen2 Plus を標準 19 インチラックに設置できます。

注意:ラックマウントアクセサリは完全にオプションであり、Cloud Key Gen2 Plus が機能するために必要ではありません。

13 ピンコネクタ

Cloud Key Gen2 Plus をオプションのラックマウントアクセサリ(モデル CKG2-RM、別売)に接続します。CKG2-RM は Cloud Key Gen2 Plus 用のドッキングベイがあるだけでなく、標準 19 インチラックに取り付けることができます。

注意:付属の 13 ピンコネクタは、ほこりや汚れから保護するために黒いステッカーであらかじめ覆われています。Cloud Key Gen2 Plus をオプションのラックマウントアクセサリとともに使用している場合は、ステッカーを取り外すだけです。

HDD ラッチ

HDD トレイをドライブベイから解除します。HDD トレイをドライブベイから解放します。

警告:Cloud Key Gen2 Plus が使用中または電源がオンの状態で HDD ラッチを操作しないでください。

ハードウェアの設置

Cloud Key Gen2 Plus の電源供給

UniFi PoE Switch、USB 電源、48V PoE アダプタ(別売)などの 802.3af 対応スイッチを使用します。

UniFi Switch

USB 電源

USB ケーブル(別売)を Cloud Key Gen2 Plus から USB 電源に直接接続します。Quick Charge 2.0 または Quick Charge 3.0 に準拠していることが必要です。

オプションのラックマウントアクセサリ

Cloud Key Gen2 Plus をラックマウントアクセサリに接続する場合は、ドッキングベイの幅を寸法に合わせて調整する必要があります。ドッキングベイを調整するには、次の手順を実行します。

  1. 次の 3 つの条件が満たされたら、Cloud Key Gen2 Plus をドッキングベイに挿入します。
    1. 13 ピンコネクターが上向きである
    2. LCD 画面が前面にある
    3. Cloud Key Gen2 Plus のイーサネットポートにイーサネットケーブルが接続されていない

警告:ネットワークでループなどの好ましくない動作が発生するのを防ぐため、イーサネット接続は 1 つのみ使用してください。Cloud Key Gen2 Plus のイーサネットポートとラックマウントアクセサリを同時に使用しないでください。

アプリ経由での UniFi Network のセットアップ

注意:モバイルデバイスで Bluetooth が有効になっていることを確認します。モバイルデバイスを使用して Cloud Key Gen2 Plus をセットアップし、設置場所から 1.5 m(5 フィート)以内に配置する必要があります。

プリインストールソフトウェア

UniFi Network Controller と UniFi Protect ソフトウェアアプリケーションは、Cloud Key Gen2 Plus にプリインストールされています。

注意:UniFi Network Controller または UniFi Protect ソフトウェアを個別に実行することも、両方のアプリケーションを同時に実行することもできます。

アプリ経由での UniFi Protect のセットアップ

  1. アプリの左上隅にあるサイドメニューをタップして、その他の情報にアクセスします。

Chrome での手順

Chrome ブラウザを使用して、Cloud Key Gen2 Plus をセットアップします。

  1. 選択内容に対応するセクションに進みます。

UniFi Network のセットアップ

UniFi Network へのアクセス

Controller のセクション

アイコン

説明

Dashboard(ダッシュボード)]画面には、それぞれのクライアントおよびデバイスの遅延やスループット情報など、ネットワークのステータスの概要が視覚的に表示されます。

Statistics(統計)]画面には、マネージド UniFi Network 上のクライアントとネットワークトラフィックが視覚的に表示されます。

Map(地図)]セクションでは、Network ネットワークを視覚的に表示したり、システムトポロジを表示したりするために、地図を作成できます(場所のカスタム画像をアップロードするか、Google Maps を使用します)。

Devices(デバイス)]画面には、Network Controller によって管理されている UniFi デバイスのリストが表示されます。

Clients(クライアント)]画面には、Network Controller によって管理されている UniFi デバイスに接続されたクライアントのリストが表示されます。

Insights(インサイト)]画面には、ローカルおよび周辺のワイヤレスネットワーク、クライアントおよびデバイスの統計情報、セキュリティおよび接続の詳細、およびその他のコントローラアクセス情報に関する詳細情報がリストされます。

Release Notes(リリースノート)]ウィンドウには、最新の UniFi Network Controller ソフトウェアに組み込まれた変更や更新に関する情報や詳細が表示されます。

Events(イベント)]画面には、エラーや警告など、ネットワーク上で発生しているすべてのイベントとアクティビティのリストが表示されます。

Alerts(アラート)]ウィンドウには、ネットワークで発生しているアラートとイベントのリストが表示されます。

Settings(設定)]画面には、UniFi Network Controller に関する詳細情報が表示され、サイト設定の追加/変更/更新ができます。

Live Chat Support(ライブチャットサポート)]画面では、年中無休のライブチャットで UniFi プロフェッショナルサポート担当者にアクセスできます。

UniFi Protect のセットアップ

UniFi Protect へのアクセス

  1. Chrome Web ブラウザを起動し、Cloud Key Gen2 Plus の IP アドレスをアドレスフィールドに入力します。Enter キー(PC)または return キー(Mac)を押します。

UniFi Protect サービス

アイコン

説明

Cameras(カメラ)]画面には、UniFi Protect によって現在管理されているすべてのカメラがリストされます。

Live View(ライブビュー)]画面には、UniFi Protect のすべてのライブビューレイアウトがリストされます。[Add Live View(ライブビューの追加)]をクリックすると、新しいライブビューが作成されます。

UniFi Protect によって録画されたイベントを確認します。イベントをカスタマイズするには、ドロップダウンリストからカメラを選択し、表示する録画の特定の日付範囲を作成します。右上のメニューにある事前定義されたショートカットの
いずれかから日付範囲を選択することもできます。

UniFi Protect でユーザーを追加/変更/削除します。

UniFi Protect のシステム設定を表示/更新/リセットします。

Cloud Key G2+ の設定

UniFi Management Portal へのアクセス

HDD の交換

Cloud Key Gen2 Plus には、1 TB SATA HDD が搭載されています。交換する場合は、2.5 インチ SATA HDD を使用し、次の手順に従う必要があります。

  1. コントローラ設定をバックアップします。コントローラ設定はハードドライブに保存され、新しいハードドライブが挿入されるとリセットされます。
  2. ソフトウェアの中断を防ぐため、Cloud Key Gen2 Plus の電源をオフにします。
  3.  
  4. 警告:Cloud Key Gen2 Plus が使用中または電源がオンの状態で HDD ラッチを解放または操作しないでください。

  5.  

仕様

UCK-G2-PLUS

寸法

131.16 x 27.10 x 134.20 mm
(5.16 x 1.07 x 5.28"

重量

582 g(1.28 ポンド)

エンクロージャ

陽極酸化アルミニウム

管理インターフェイス

UniFi Management Portal、
UniFi Network、UniFi Protect

ハードドライブ容量

1 TB 2.5 インチ SATA HDD
(ユーザによるアップグレード可能)

デバイス容量

UniFi Protect モード UniFi Network + Protect
最大 20 台の UniFi カメラ 最大 15 台の UniFi カメラと 50 台の UniFi デバイス

eMMC メモリ

32 GB

ネットワークインターフェイス

10/100/1000 イーサネットポート x 1

ボタン

電源 x 1

リセット x 1

LED

電源 x 1、白/青

電源方式

標準 802.3af PoE、
Quick Charge 2.0/3.0 電源アダプタ(9VDC、2A)

対応電力範囲

標準 802.3af PoE または
9VDC、2A

最大消費電力

12.95W(PoE)
USB-C 電源

動作温度

0~35° C
(32~104° F)

動作湿度

20~80%(結露しないこと)

適合基準

CE、FCC、IC